独学で英語を身に付けた勉強法とは?工藤静香の英語力と

タレント
工藤静香 米田



工藤静香さんのプロフィール

工藤静香(くどう しずか)
生年月日:1970年4月14日
出身:東京都出身の女優、歌手、タレント、宝飾デザイナー、画家。アイドルグループおニャン子クラブの元メンバー。フルート奏者でモデルのCocomi、作曲家でモデルのKokiの2人の娘を持つ母。夫は元SMAPの木村拓哉。

小学生の頃から劇団に所属しており、中学生の時に「ミス・セブンティーンコンテスト」で特別賞を受賞した。このコンテスト受賞者と共にセブンティーンクラブとしてCDデビューを果たす。

高校へ進学後、オーディション番組で合格しおニャン子クラブのメンバーとなる。その後はおバカキャラで頭角を現し始める。

1987年にソロ活動を開始、歌唱力が好評になりヒットシングルを連発していた。1993年には香港、台湾、シンガポールでのコンサートを成功させている。

その後は作詞提供やアクセサリー、オーガニック食品など、幅広い事業を手掛けるようになる。

歌手、事業家としても活躍中の工藤静香さん、やはりその過程では英語が必須だったのでしょう。それでは工藤静香さんの英語力を見ていきましょう。

工藤静香の英語力動画

工藤静香さんが英語を話している動画はこちら↓

工藤静香さんの英語に対するみんなの反応

独学で話せる様になったのは凄いですね。夫婦揃って達者だと聞きました。
たとえ笑顔で砕けた感じの会話であっても静香さんの目の真剣さから伝える努力がこちらにも伝わります。声がとっても素敵なかたですね✨英会話頑張ろうかなっと思いました^ – ^
独学で頑張ってその結果を人前で披露できるまでに成長できるのはすごい!!私は学生時代親がアメリカ人の先生をマンツーマンで付けてくれてたけど何も話せず終わりました。
やっぱり発音は子供の頃に身に付けないと無理です。努力は素晴らしいです!
これ独学じゃないですよね。 英会話で習う決まり文句使ってます。 芸能人だから個人講師でしょうけど。
え、わりと上手に話してるくない?? 自分的に発音はどうでもいいと思うし、 日本訛りっていう捉え方でいいじゃん? それよりも自分のことを英語で伝えられることが素晴らしいと思う。 案外話してみると英語出てこないもんだよ?
話せることが素晴らしい。伝わればいいんです。 発音がどうこう言ってる連中うるさ過ぎwいちいち細かい指摘がうざ過ぎw
発音が酷いと言っている方がいますが、最初から完璧に発音できる人なんていませんよ。 自信をもって英語を話していることは素敵だと思います
努力を称えるコメントと、勇気づけられるコメントが多いですね。工藤静香さんの英語についてもう少しみんなの反応を見ていきましょう。

工藤静香さんの英語学習法

工藤静香さんは特に留学経験も無く、独学で英語を使いこなすようになったらしいです。

もちろん日々の努力の結果なのですが、しかもこれまでアイドル活動、歌手などとても多忙な生活を送っていました。

その中で英語をどのように学習していたのかは英語を勉強したい人にとってはヒントになることが多いと思います。

きっかけは「こどもの将来のため」

娘さんたちが将来幅広く活躍できるようにと、幼稚園、小学校入学前の年齢の子が入学できる「インタナショナルプリスクール」に通わせていたことです。

そして工藤さんが行なっていたことが2つ。

・英語を含む全ての教科の勉強のし直し

・英語の絵本の読み聞かせ

子供たちへの教育のため、自らが鏡となるべく勉強をやり直し、その中でも英語はプリスクールで関わるお母さまたちとの間でも使う頻度が高いことから力を入れてたそう。

そこで英語の上手なママさん仲間から教えてもらったりと、そういった人の存在があったことも心強かったでしょう。

噂では子供に英語で話しかけている光景の目撃情報もあります。繰り返し自分でも英語を使うことで少しずつ身に付いていきます。

また、絵本の読み聞かせによって音読練習になり、単語の意味がイメージとして自分の頭にも定着していったのだと思います。

そして工藤静香さんはNHKの番組「英語でしゃべらナイト」にも出演が決まりました。

そこではすでにある程度の英会話ができる段階になっていましたが、それ以降も日々勉強を続けています。

その成果もあり、今では二人の娘さんは英語がペラペラになっています。お母さんである工藤静香さんの英語にダメ出しをすることもあるそう。

工藤さんが行っていた勉強法をまとめると

・英語の音読(インプットとアウトプット)

・日常生活で英語をどんどん使う(アウトプット)

・発音や文法知識の勉強(インプット)

これらの基礎にあるのは何よりも「絶対に英語を身につけたい!」という強い気持ちです。

ビジネスに子育て、とても熱心な工藤静香さんの今後の活躍を期待しましょう!

タイトルとURLをコピーしました