英語の方が饒舌!職業は変人!?モデル栗原類のネイティブ英語力

モデル



栗原類さんのプロフィール

栗原類/Louis Kurihara(くりはらるい)
生年月日:1994年12月6日
出身:東京都
身長:180cm

栗原類さんは英語が話せる“ネガティブすぎる”イケメンモデル。現在は俳優でもあり、数々のCM、映画、PVに出演。お父様がイギリス人、お母様が日本人のハーフ。

もとはモデル事務所ジュネス企画に所属していましたが、現在は芸能事務所エヴァーグリーン・エンタテイメントへ移籍済み。

メンズノンノ、ポパイなど、男性向けファッション誌にてモデル活動を中心にしていた栗原類さん。

テレビでバラエティ番組に出演したところ、ネガティブと言われながらも個性的なキャラクターがお茶の間にうけ、オファーが殺到、本も出版するほどの人気になりました。

イギリス人を父に持つアメリカ英語の“ネイティブ”モデル!

通訳いらずでインタビューがこなせるという栗原類さんですが、幼少期に海外で暮らした時期があることから「人と話すことが一番の勉強」と語っています。

日本テレビ系列の朝の情報番組[ZIP!]では、栗原類さんが名立たるアーティストや映画監督に臆せずインタビューする姿が放送され、世間では驚く声も。

やはり海外での生活があると英語に触れる時間が増えて、自然と英語学習になりますね。

栗原類さんの英語力がわかる動画

通訳なしで栗原類さんが英語でインタビューをしている動画はこちら↓

栗原類さんの英語に対するみんなの反応

発達障害なのもあるし、7歳でいきなり外国に放り出されて、
たった四年でこれだけ喋れるって…相当努力したんだろうなあ…抱きしめたい

栗原類ってなんやかんやスペック高くね?予言も当たったし

これじゃネガティブモデルじゃなくて、ネイティブモデルじゃん。

一番語学を習得できる年齢ですにアメリカにいたんですね。
羨ましい。もっと幼い時だと忘れる。
彼は好きだが丁寧すぎる日本語はお母様の影響でしょうか?

こっちの方がいいな。完全にアメリカ英語だね。
なんか吃る癖があるのは、脳みそを英語に切り替えてるかるか?

ずっと、英語聞いていたいね!
番組のレポーターや、通訳して欲しいです。最高♪だと思います!

七歳だと四年間アメリカにいるだけで話せる様になるんですね。
その十倍の期間文法と辞書で勉強して来たのですが話せないので、
やはり使わないと読み書き出来ても話せないのは当然かな。

全然英語力ないのにパラパラだって褒めちぎられてる芸能人も多い中、この人はガチなペラペラ

栗原類さんの英語力はもうネイティブですね!続いてツイッターの呟きも見ていきましょう。

ネット上ではほかに、「普通にネイティブじゃないか」「すっごい流暢。イメージが変わった!」「思考言語が英語」「英語がウマすぎてイメージ激変」などコメントされているほど。

ネガティブモデルと呼ばれていたことを忘れてしまいそうです。

ユニークなキャラクターで人気になり、エッセイも発行!

一躍人気となった栗原類さんは、2012年11月には話題のネガティブモデルとして初のフォトブック[ネガティブですが、なにか?]を世に出します。

2015年5月には、NHK総合テレビジョンで放送されている情報番組[あさイチ]に出演していたとき、発達障害のADD(注意欠陥多動性障害)と診断されたことを明かしています。

2016年10月にはエッセイ[発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由]を発行、さらにはこちらのエッセイが15万部突破のベストセラーとなり、約一年後の2017年には同エッセイはコミック化を果たしています。

栗原類さんが語るのは、彼がアメリカで過ごし始めた8歳のとき発達障害と判明したこと、それも親子で発達障害だったこと。

帰国してからは、中学校を卒業するまでの5年の間いじめに遭い、不登校にもなったことなど。

ご自身でもこれほど成功するとは想像もしていなかったでしょうが、波乱万丈な人生を送られていますね。

CMやテレビ番組の枠を超え、数々の映画にも出演!

2012年、栗原類さんは高校生だった頃、フジテレビの[アウト×デラックス]、日本テレビ系列の[芸能☆BANG+(げいのうバンプラス)]バラエティ番組などに出演したことを契機に飛躍的な活躍を見せます。

2013年以降は男子高校生の日常、黒執事、僕は友達が少ない、彼岸島 デラックスなど数多くの映画にも抜擢。

直近の2020年10月にはとんかつDJアゲ太郎にも出演しています。

パリコレで歩くことが目標だった

5歳頃から幼くしてモデルになっていた栗原類さんはパリコレで歩くことが夢だったそうで、2015年はミラノに赴きパリメンズコレクションの様子を見に行っていました。

このときなんと、現地で[Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)]から突然のオファーが飛び込んできます。

栗原類さんは急遽、その翌日の[Yohji Yamamoto]の2015年春夏コレクションに登場することになり、私たちを驚かせてくれました。

ネガティブ発言の面白さや自虐トークで注目を集めていた栗原類さんですが、今までのエピソードを見ても、夢が叶ったというよりは、夢をつかんだという印象ですね。

自分のことはネガティブだとは思っていないと話す栗原類さんですが、言葉どおり常に力強い目標を掲げています。

モデルだけでなく幅広いジャンルにチャレンジをしている彼の貪欲さには目を見張りますが、これからも世間をアッと言わせてほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました