イギリスに留学もしていた努力家・三浦春馬の英語力

俳優



三浦春馬さんのプロフィール

三浦春馬(みうら はるま)
生年月日:1990年4月5日
茨城県出身の俳優、歌手。所属事務所はアミューズ。

なんと4歳から地元の劇団「アクターズスタジオ」に入って稽古をしており、若干7歳で1997年のNHKの連続テレビ小説「あぐり」で子役デビューを果たす。

1999年には映画への初出演。これらの演技力がある映画監督の耳に入り、2002年には映画「森の学校」で初出演。当時三浦春馬さんはまだ小学生だった。

2004年に現在の所属事務所・アミューズに所属し、映画やドラマで好演、ヒット作を世に生み出した。

2007年の映画「恋空」ではアカデミー賞新人俳優賞を受賞。

2008年には「ごくせん」の第3シリーズ。「ブラッディマンデイ」などの名作にも出演している。

海外志向を持っていた三浦春馬さんは積極的に英語や中国語を独学で学習。

2014年の映画「真夜中の五分前」では唯一の日本人だった三浦春馬さん、しかも上海での撮影。それでも共演者や監督からも絶賛される中国語を披露した。

そんな三浦春馬さんが英語を話している動画をどうぞ!

三浦春馬さんの英語力がわかる動画

三浦春馬さんが英語を話している動画はこちら↓

三浦春馬さんの英語に対するみんなの反応

ほんとこの人すごい、努力と才能の塊 勿体無いなぁ、10年後20年後見てみたかったよ
ここまで完璧な俳優さんいる?!どれだけ努力したんだろ。泣けてきます。
ハリウッド、世界のスターになってた人です。この努力と気遣い、礼儀正しさ、優しさ、謙虚さ、素直さ、真面目さ、、、切りがないくらい。 あまりにも切ないです。
英語とダンスは苦手だと言ってましたね。 どっちもこのレベルまで持っていくのに家でどれだけ勉強したり踊ったり練習してたんでしょうね。 頑張り屋さんでしたよね
英語も勉強してたんだよね……ほんんんんっとに忙しいのに春馬くんに適う人は居ないよ……代わりも居ない…… 伝説の人。三浦春馬くん。 ずっとずっと大好きだよ……😢
春馬さん、英語も凄かったのですね!偉いですね、インスタでは友人にチェックして貰っていると言ってましたが、インタビューの様子はペラペラじゃないですかー…慎ましくて容姿も良くて性格も良くてどんだけ凄いの~~~😭
映画の中で流暢な中国語を聴いて初めは、中国の男優かと、思いましたが、良く見たら三浦春馬さん。 英語も上手に(発音が綺麗と思いました)話していらっしゃる。私は中国語も、英語も話せませんが、彼の発音は日本人離れしているように感じました。 本当に努力の賜物。 日本は、才能ある男優を失いました。残念です。ご冥福を祈ります。
すごいです。本当に努力家でいらっしゃったんですね。海外に長期で住んだことがないのに英語もとても綺麗に発音されていますよね。本当にストイックな人だなぁと改めて。本当に惜しいですけど、いつまでも人々の記憶に残る方だと思います。
春馬さん、英語流暢に話せて凄いです!中国語も話せるみたいですね。凄い✨ 品があってお顔整っていらっしゃって正統派イケメンなだけではなく、その容姿に負けず劣らず、優しく、誰にでも好かれる人格者、真面目、謙虚、好青年、正義感が強い、努力家で頭脳明晰、演技、お歌&ダンスと多才 · · · 中身も良いなんて · · · こんな完璧な方がいらっしゃるんだ✨容姿、才能、性格、全てに於いて完璧!
三浦春馬さんの努力した姿に多くの人が絶賛していますね。三浦春馬さんの英語について、Twitterでもう少しみんなの反応を見ていきましょう。

三浦春馬さんのエピソード

イギリスへの短期留学

三浦春馬さんは20代になってからは海外を視野に入れ、英語の勉強を少しづつ始めていたそうです。

2017年の夏、ついにイギリス留学の機会を得ました。結果的には事務所が三浦春馬さんを呼び戻さなければならなかったらしく、わずか3か月間の留学だったそうです。

ですが、留学前後も英語の学習を続けていた三浦春馬さんの英語力はスピーキングもライティングも相当なものになっていました。

留学中はなるべく自身の正体を明かさず、またバレないように過ごしていたそうです。英語の学習に集中していたことがうかがえます。

留学中には、たまたま旅行でロンドンを訪れていたハリセンボンの春奈さんとも食事をしたらしく。

春奈さんがその時のことを語っています。

「そのとき(食事を共にしたとき)に春馬君が、英語の勉強をしたいからというので、お店も用意してくれたり、英語で注文とか全部やってくれて。

今度こういう役があるから今こういう勉強しているんだとかそういう話もしていて」

「会うといつもキラキラしていて笑顔しか思い出せない」

真面目で実直、演技に本気で取り組む努力家・それが三浦春馬

2014年に主演した『僕のいた時間』では、ALS(筋委縮性側索硬化症)を患う主人公の役作りのため、10キロ以上の減量をしました。
ただ体重を落とすのではなく、
「運動をすれば筋肉が目立ってしまうから痩せるにも運動ができない。食事制限をしようにもやっぱり人間は動かないとどんどん気持ちが落ちていく。」
このように語り、一番苦しかった作品だったとも話しています。
さらに、ALSについて深く勉強し、筋ジストロフィーについても学んでいました。

2016年、ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』に臨むためには、ドラァグクイーンとして体が細いだけでは美しい曲線は表現できないと上半身や足も鍛えていました。さらに稽古に入る前から家でハイヒールを履き女性の脚線を出すための努力をしていた。自宅で掃除機をかけるときもハイヒールを履いていたという。

心理学の役作りのためにはメンタリスト・DaiGo宅へ自ら赴き懸命にメモを取りながら聞きたいことを質問したそうです。

現在は彼の残した作品でしか三浦春馬さんを見ることができません…。これからの活躍も楽しみだっただけに悲しいです。

タイトルとURLをコピーしました