危うく宇多田“メロン”に命名?!帰国子女・宇多田ヒカル誕生秘話

宇多田ヒカルの英語力 アーティスト



宇多田ヒカルさんのプロフィール

宇多田ヒカル(うただひかる/本名:宇多田光)
生年月日:1983年1月19日
出身:アメリカ合衆国ニューヨーク

宇多田ヒカルさんは、芸能事務所U3MUSIC所属の歌手、シンガーソングライターでミュージシャン兼、音楽プロデューサー。所属レーベルはエピックレコードジャパン。
現在はロンドン在住。

母は演歌歌手の藤圭子、父は音楽プロデューサーの宇多田照實の音楽一家で小さい頃から東京とニューヨークを行き来し、スタジオで過ごすこともあったそうです。

2012年には、基本的に英語で学んできたとツイートされています。
逆に日本語の用語がピンとこないことがあるようですね。

そんな宇多田ヒカルさんですが、2010年11月にTwitterで「母の趣味で
危うく『いちご』か『めろん』か『すいか』と命名されるところだったらしい」と
自身の名前にまつわる面白いエピソードをツイートしています。

それでは彼女についての詳しいエピソードを
『宇多田ヒカルさんの英語力に対するみんなの反応』と一緒に見ていきましょう!

宇多田ヒカルさんの英語力がわかる動画

宇多田ヒカルさんが英語を話している動画はこちら↓

宇多田ヒカルさんの英語に対するみんなの反応

この人の凄い所は当然ながらネイティブで、些細なニュアンスも英語で表現出来る部分と同じ日本語を読み書きする者ですら、なかなか出せない何とも言えない、心の深部?を覗かれるような日本語詞を紡ぐ所
これがバイリンガルだよな。
すごく自分を素直に自然体で喋る姿がカッコ良いですね\(^^)/。これが彼女の魅力の一つですね\(^^)/。
あら?学校もアメリカンスクールだから、元からネイティブかと思ってたわ。
10代の頃はむしろ日本語が変だったイメージあるし。
ネイティブ英語って…宇多田ヒカル帰国子女じゃん喋れない方が謎だわw
まぁ日本来たとき分からない世代の方が多いから仕方ないか…
英語めちゃ上手いのはわかった。それよりなにより肌が綺麗すぎる…!遺伝だろーなー、いいなぁー。つるんつるん
彼女の英語力はNY育ちだから当たり前。それより、日本語力の方に感心するね。
あれだけの日本語の感性が磨かれているのは、彼女の努力があってこそだと思う。
歌は、母親譲りの天才だわ。英語のインタビューで、くだらない質問はしない方がいい。
「好きな食べ物は?」って・・・それでも、答える内容が単発ではなく、うまくつなげて広げて頭の良さがわかりますね。英語が上手に話せるようになることが目的じゃない。
話す内容(洗練された教養・国際感覚など)を持ち合わせているかということ。
宇多田ヒカルさんの話す英語には驚かない様子です。むしろ話せて当たり前という印象を持っている人も多いです。何よりも日本語で作る歌詞の美しさが際立っています。
では続いてツイッターの呟きも見ていきましょう。

宇多田ヒカルさんのエピソード

“宇多田メロン(もしくはイチゴ、スイカ)”として活動していたかもしれない宇多田ヒカルさん。

ファンから【「宇多田めろん」はかわいいと思います!】という
あたたかいコメントが寄せられると、【「宇多田メロン」は
「歌、ダメ論」であるという悲劇】とコミカルに返していました。

宇多田ヒカルさんといえば、1998年12月にデビューシングル
[Automatic/time will tell(*1)]をリリース、当時15歳という若さで作詞作曲も行っていたことが大きな反響を呼び、鮮烈なデビューを果たしています。

*1:ダブルミリオンの大ヒットを記録したシングル
同曲を収録した1stアルバム[First Love]は2021年01月時点で
日本歴代1位の売上を記録

このときAutomaticのPVで宇多田ヒカルさんは赤いセーターに大きめのカーゴパンツスタイル、着用していたのが“フランス軍のミリタリーパンツM47”で、今ではだれもが履く“カーゴパンツ”を90年代に流行らせるきっかけになりました。

宇多田ヒカル – Automatic

直近2021年3月には、宇多田ヒカルさんの14年の付き合いとなるTVアニメ、現在もシリーズが常に話題を呼ぶ[新世紀エヴァンゲリオン]シリーズ最新作映画[シン・エヴァンゲリオン劇場版(*2)]へ主題歌として新たな楽曲[One Last Kiss]を提供。

*2:社会現象を巻き起こした90年代のTVアニメ[新世紀エヴァンゲリオン]シリーズの最新作
2006年、同アニメに対する宇多田ヒカルへのインタビュー記事を見た アニメ監督、スタッフからの依頼で、初めての関わりとなるテーマソング [Beautiful World]が制作された

宇多田ヒカル『One Last Kiss』

同PVはすでに3000万再生を突破。アニメ、宇多田ヒカルさん双方のファンから3万件を超えるコメントが寄せられています。

新世紀エヴァンゲリオンに対し、アニメの内容になぞらえ「同調しすぎて“精神汚染”されそう」と心境を語っていた宇多田ヒカルさん。

これからもその音楽センスで“シンクロ率400パーセント”を超えた作品を生み出してください!

タイトルとURLをコピーしました